結婚式準備中の新婦様
「ウェルカムボードをDIYしたいけど、
デザインのソフトとかわからないし、
印刷のやり方も難しそう!
カンタンにできるやつ、ありませんか?」

 

ウェルカムボードは、
DIYが初めてだという初心者さんにもおすすめのアイテム!

とはいえ、
本当に初めて作る場合、
「どうしたらいいのかわからない」ということも多いですよね。

  • デザインのソフトって何使うの?」
  • パワポ?使い方わかんないし、パソコンに入ってない…」
  • 印刷ってどうすればいいの?コンビニじゃちょっとね…」

という、右も左もわからないあなたのため、
この記事を書きました!

 

誰でもカンタンに、無料で使える、
便利なCanva(デザインアプリ)!

なんと、
最後の印刷まで一括でできるんです!
(印刷代は有料です)

Canvaを使って、
カンタンにおしゃれで垢抜けたデザインの
ウェルカムボードを作っていきましょう

 

本記事の概要

◾︎初心者でもカンタンに無料でできるCanvaの使い方
◾︎印刷にかける方法
◾︎押さえておきたいCanvaのデメリット

 

この記事を書いた人

西村友里
(イラストレーター/デザイナー)
新郎新婦様のプロフィールブックを制作しています。
納品実績は300件以上。
さまざまなウェディングアイテムを制作した経験を元に
ステキなウェルカムボードの作り方をご提案します。
>>ホームページ  >>MENU

 

【超簡単】前撮り写真でウェルカムボードを手作りするコツ

 

Canvaを使うメリット・デメリット

CANVAはとても便利なアプリですが、
使用前にメリット・デメリットを把握しておくと、
時間のムダになりません◎

きちんとデメリットをわかった上で、
使用することが大事です。

 

●メリット:おしゃれなデザインテンプレートが豊富

テンプレート総数が豊富です!

試しに、「ウェルカムボード」で検索してみたところ、
「48,157」ものテンプレートが出てきました!

ひとつひとつのデザインのクオリティも高いです。

 

無料プランでも使えるテンプレートと
有料プランのみ使えるテンプレートがありますが、
無料でも、クオリティの高いテンプレートが十分あります。

 

デザインの好みに合わせてフィルターをかけることもできるので、
あなたの好みのテンプレートも見つかるはず^^

 

 

●デメリット:オリジナリティに欠ける可能性

Canvaは誰でも無料で使える人気の高いアプリです。
(有料プランもあります)

おしゃれでかわいいデザインが豊富ですが、
汎用性の高いテンプレートでもあります。

 

お2人だけのオリジナリティを追求したい!という
新郎新婦様には、

オリジナリティの部分で少し弱いので、
満足のいくものができないかもしれません。

 

オリジナリティにこだわりたい!というお2人は、
他の選択肢もいっしょに検討してから、
使うようにしてくださいね。

 

とはいえ、
ウェルカムボード以外のアイテムにも使えるので、
使えるようにしておいて損はありません!

 

テーブルナンバーや、
受付サインなど、
ちょっとしたアイテムには、
こうしたパパッと作れるCanvaがとても重宝します。

そちらも検討しながら読んでみてください◎

 

CANVAの使い方

では、実際に、画面を見ながら作業していきましょう。

パソコンからは、
アプリをダウンロードしなくても使えます。

GoogleやYahoo!の検索画面
「Canva」と検索して、
Canvaのページを開いてください。

 

 

●1.無料で登録する

まずは、無料で登録をして始めていきます。

「無料トライアルを開始」をクリック(上図)

 

メールアドレスがあれば無料で会員登録ができますが、
FacebookやGoogleのアカウント経由でも
ログイン可能です。

 

お好きなログイン方法をお選びください。

メールアドレスを選んだ場合は、
入力したメールアドレスに認証メールが届くので
確認しましょう。

 

 

●2.ウェルカムボードのテンプレートを検索

ログインできたら、
最初の画面で「ウェルカムボード 結婚式」と入力し、
検索にかけましょう。

Canvaの便利ですごいところは、
目的別にテンプレートが用意されているところです。

 

「ウェルカムボード 結婚式」で検索すると、
結婚式用ウェルカムボードのテンプレートが出てきます。

ウェルカムボードのカテゴリーでは、
Canvaからそのまま印刷にかけることができるんです。
(下記で解説します)

 

 

●3.無料プランのテンプレートだけフィルターにかける

ウェルカムボードのテンプレート一覧が出てきたら、
無料プランで使えるものだけフィルターにかけましょう。

(有料と無料のものが混ざっている状態だと、
無料プランのままでは探しづらいので)

 

左上の「すべてのフィルター」をクリックしてください(上図)

 

フィルターのいちばん下の、「価格」で
「Free」を選びます(下図)

 

気に入ったデザインがあったら、
クリックしてデザインを始めましょう。

 

 

 

●4.サイズを選んでデザインを始める

デザインをクリックしたら、
サイズと印刷枚数を選んでください。

選んだら「このテンプレートをカスタマイズ」をクリック。

 

個人的には、
こうした写真を入れるタイプのテンプレートがおすすめです。

前撮りをした新郎新婦様は前撮り写真を、
前撮りをされていない場合は、
思い出のお写真を入れても可愛いです。

 

テンプレートデザインを使う場合でも、
写真などのオリジナルコンテンツを入れることで、
オリジナリティが出るのでおすすめなんです。

 

 

 

●5.写真をアップロードする

 

サイズと枚数を選んだら、
早速デザインしていきます。

とはいえ、すでにデザインは完成されているので、
写真と文字を入れていくのみ◎

まず、写真をアップロードしましょう。

左のバーのアップロードからアップロードできます。(上図)

 

「ファイルをアップロード」のボタンからアップロードもできますし、
ドラッグ&ドロップでアップロードすることもできます。

 

写真をアップロードできたら、
デザインテンプレートの写真の部分をクリックします。

紫色の四角が出てくるので、
そこにアップロードした写真をドラッグ&ドロップすると、
写真を入れ替えられます。(下図)

 

●6.写真を調整する

写真を入れたら、バランスを見ながら
調整していきましょう。

写真の部分をダブルクリックし、
写真の四角のどこかにカーソルを当てて
クリックして引っ張ると、写真のトリミングができます。(上図)

 

 

●7.文字を入れる

お2人のお名前や、結婚式の日付などの
オリジナル情報を入れていきましょう。

現在テンプレで入っている場所をクリックすると、
文字を打ち直すことができます。(上図の紫色のボックス)

 

 

●8.デザインをアレンジしてみる

左のバーの「素材」から、
スタンプなどを追加することも可能です。

今回、キラキラスタンプを足してみました。(上図)

さりげなくポップでお茶目な印象に。

 

また、背景の部分をクリックすると、
左上に背景色が表示されるので、
ここから背景色を変えることもできます。(下図)

ただし、Canvaのテンプレートは
すでに完成されたデザインです。

アレンジしすぎてしまうと、
デザインのバランスを崩して
野暮ったいデザインになってしまうことがあるので
注意してくださいね。

 

 

●9.印刷を申し込む

完成したら、
Canvaでそのまま印刷に申し込むことができます。

右上の「Canvaで印刷する」から
印刷の申し込みをしましょう。(上図)

 

CANVAを使うときの注意点

ここまでとてもカンタンな作業で
ウェルカムボードを作ることができましたね。

先ほどもお伝えしたとおり、
Canvaのテンプレートは、自由にカスタマイズができます。

 

写真文字だけではなく、
レイアウトもカスタムし放題です。

 

ただし、気を付けて欲しいのは、
すでに完成されたデザインを
素人目線でいじりすぎないことです。

テンプレートは、
すでにデザインとして完成されています。

 

オリジナリティを追求して
アレンジしすぎると、
バランスを崩し、いつの間にかダサダサデザインに
なってしまうこともあります…。

どうしてもアレンジしたい場合は、
控えめにしましょうね。

【超簡単】前撮り写真でウェルカムボードを手作りするコツでも
デザインのコツを解説いているので参考にしてください。

 

【超簡単】前撮り写真でウェルカムボードを手作りするコツ

 

まとめ:初心者でもCANVAでおしゃれなウェルカムボードをカンタンにDIY

いかがでしたでしょうか?

Canvaなら、
パワポやデザインソフトを触ったことがない、
DIY初心者さんでも、めちゃくちゃカンタン
ウェルカムボードが作れます。

今一度おさらいしましょう。

◾︎1.無料でCanvaに登録する
◾︎2.「ウェルカムボード 結婚式」のテンプレートを検索
◾︎3.無料のテンプレートだけフィルターにかける
◾︎4.サイズを選んでデザインを始める。
◾︎5.写真をアップロードする
◾︎6.写真を調整する
◾︎7.文字を入れる
◾︎8.アレンジしてみる
◾︎9.印刷を申し込む

想像以上のカンタンさにびっくりですよね。

ただし、
テンプレートはアレンジしすぎに注意してください。

テンプレートは、
すでに完成されたデザインです。

オリジナリティを求めてアレンジしすぎてしまうと、
バランスを崩し、
いつの間にやらダサダサデザインになっていた…なんてことにも><

 

Canvaのデザインは、
クオリティの高いテンプレートが充実していますが、

そもそもこうしたデザインテンプレートは、
汎用性が高いものでもあります。

 

もし「オリジナリティを追求したい!」という場合は、
オリジナリティの部分で、満足のいくものができないかもしれません。

オリジナリティにこだわりたい!というお2人は、
他の選択肢もいっしょに検討してから使うようにしてくださいね。

 

 

>>絵本のような世界観で作るイラスト*プロフィールブックA Sunny Day